LOADING...

大塚眼科

OTSUKA EYE CLINIC
SCROLL

医師紹介DOCTOR

院長

大塚 慎一

大塚 慎一

白内障手術から、難易度の高い水晶体脱臼・眼内レンズ縫着術・瞳孔形成といった手術まで行ってまいりました。さらに治療の幅を広げるべく、網膜硝子体、緑内障、眼瞼(まぶた)、涙道などの手術の他、角膜内皮移植術など専門性の高い手術は、各分野の専門医を招いて行っています。外来診療では質の高い検査と治療が行えるように、スタッフと共に勉強会や学会へ積極的に参加しております。これからも「全ては患者様のために」をモットーに地域医療に貢献してまいります。

略歴

久留米大学医学部卒業
1979年 久留米大学医学部眼科学教室入局
宮崎県立日南病院
大分県緒方町国保総合病院眼科部長を歴任
1990年 大分市に医療法人大塚眼科医院を開業
現在に至る

所属学会

日本眼科医会
日本眼科学会
日本白内障屈折矯正学会
日本網膜硝子体学会
日本眼循環学会
日本緑内障学会

専門分野

白内障 緑内障 糖尿病網膜症
加齢黄斑変性

日本眼科学会認定専門医
眼科PDT認定医(眼科PDT研究会)
ボトックス治療認定医(眼瞼・顔面痙攣治療研究会)
医師

中野 可古

中野 可古

開院5年目から勤務しております、主に外来診療を担当しています。
一般外来と小児の斜視・弱視を中心に診療しております。

略歴

岡山大学医学部卒業
岡山大学眼科・九州大学眼科・愛媛大学眼科 勤務
1990年 大分赤十字病院眼科勤務
1995年 医療法人大塚眼科医院勤務
現在に至る
医師

半田 壮

半田 壮

杏林大学にて医学を学び、その後に久留米大学や天理よろづ相談所病院などの地域の基幹病院にて眼科医として、小さなお子様からご年配の方まで様々な患者様の治療に関わってきました。久留米大学病院での専門は緑内障ですが、他に網膜硝子体疾患や未熟児網膜症を担当しておりました。手術は白内障手術、網膜剥離やその他の網膜硝子体疾患の硝子体手術、緑内障手術などをしており、特に緑内障手術は小児緑内障から低侵襲緑内障手術(MIGS)やチューブシャントを使用したインプラント手術など難症例を含む多くの手術を行ってまいりました。

このたびご縁がありましてこの地で働かせていただくことになりました。

今まで培ってきた経験を活かして地域医療に貢献できるように精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。

略歴

2010年3月 杏林大学医学部卒業
2010年4月 杏林大学附属病院
2012年4月 久留米大学病院 眼科 
2013年4月 天理よろづ相談所病院 眼科
2015年4月 久留米大学病院 眼科
2019年4月 久留米大学病院 眼科 病棟医長 
2021年4月 医療法人大塚眼科医院勤務
現在に至る

所属学会

日本緑内障学会
日本網膜硝子体学会
日本眼科学会
日本眼科医会

専門分野

日本眼科学会専門医
視覚障害者用補装具適合判定医師
身体障害者福祉法指定医
難病指定医
iStent認定医(グラウコスジャパン)
PDT認定医(日本PDT研究会)
水晶体嚢拡張リング認定医(HOYA株式会社)
ボトックス認定医
医師

曽根崎 雅也

曽根崎 雅也

大学では一般外来を担当し白内障手術、硝子体注射を行っておりました。大塚眼科では一般外来を中心に担当させて頂きます。この度、地元である大分にて診療することとなりました。地域の皆様に貢献できるように頑張りますので、よろしくお願い致します。

略歴

2013年 東邦大学医学部医学科卒業
2013年 東邦大学医療センター大森病院にて前期研修
2015年 東邦大学医療センター大森病院眼科入局
2017年 静岡医療センター眼科勤務
2021年 医療法人大塚眼科医院勤務
現在に至る